イメージ画像

加齢臭を抑えるのはマナーなのかも知れません。

全ての人が加齢臭を嫌うわけではないですが、多くの人はやっぱり迷惑だそうです。
加齢臭対策用のサプリメントやスプレーなど多くの商品が販売されているということは
もはや「体臭」「加齢臭」を抑えることはマナーなのかも知れませんね。

加齢臭は体臭の中でもちょっと独特というか、表現しにくい匂いですよね。
男性なら40代後半、女性なら50代から皮脂中の脂肪が増えるとされていて、
「ようやく自分の子供が独り立ち・・・」というときに発生するようです。

私が加齢臭を気にするようになったのは最近のことなんですが、
自分ではまったく気づかないですよ。実は娘に言われるまで分かりませんでした。
「お父さんのスーツ変な匂いしない?」みたいなことを言われたのがキッカケです。

そこで私も少しは対策しなきゃな。と思い、色んな商品を買ってみたというわけ。
何より職場の若い人に迷惑かけるのは嫌なんで、すぐに実行へ移しました。

加齢臭は中年男性だけではありません。

加齢臭の原因はノネナールと言われていますが、これは男性だけでなく女性にもあります。つまり加齢臭は女性にも発生する匂い。

たしかに男性の方が皮脂の分泌量が多いんですが、女性も背中や胸など皮脂腺が多い部分はありますので、女性の方でも早ければ30代から匂うこともあるようです。

ただ若い内に加齢臭を放つのは珍しいこと。だいたい女性は閉経後に多くなります。女性ホルモンを分泌している間は何とか加齢臭も抑えてますが、50代~60代になると女性ホルモンが減少してくるので、それが加齢臭を加速させます。

つまり女性であっても閉経後は男性と同じ条件になりますから、女だから大丈夫・・・というわけにもいかないんです。

  • 女性も加齢臭の原因ノネナールを持つので、男性と同じく加齢臭が出てくる。
  • 早ければ30代から臭うようになるが、だいたい閉経後50代からが多い。

加齢臭はどうやって抑えればいいのか。

加齢臭はシャワーの回数を増やしたり、香水などで簡単に誤魔化せないというやっかいな特徴があります。つまり外部から加齢臭を抑えるのはなかなか難しいということ。私も加齢臭を対策する前は「なるべく短期間で!」という思いがありましたが、私の経験上それはなかなか困難です。食生活や生活習慣を改善しつつ、長期的に予防するのが大切。

食生活を変えて下さい。
私は焼き肉や中華料理などコッテリしたものが大好きで、特に夕食はお酒を飲みながら肉系を食べることがほとんどでした。でもこれらの動物性脂肪は加齢臭の原因になるようで、今では和食をメインに肉系はなるべく控えるようにしてます。

お酒の飲み過ぎは控えよう。
お酒の飲み過ぎも加齢臭の原因になると知り、晩酌は控えるようになりました。さすがに飲みに誘われた時は飲みますけど、それでも飲む量はかなり減らしました。

  • 肉系のコッテリした食生活はやめて、和食中心に変えましょう。
  • お酒は今より量を減らし、飲みに行く回数を減らしましょう。
  • タバコは百害あって一利なし。さっさとやめましょう。

私は加齢臭対策のため、これを飲んでます。

えがおの爽臭粒(男性に人気のサプリメント)

えがおの爽臭粒えがおの爽臭粒は「株式会社えがお」が販売するエチケットサプリです。飲むとペパーミントの香りが口に広がり、体臭も抑えてくれるということで愛用しています。ミント系の爽やかな香りは周囲の人から好評で、購入する人は男性が多いようです。ちなみに私も男性です。

 ⇒ えがおの爽臭粒 届いたときの写真
商品名値段どんな匂い?
えがおの爽臭粒2,625円ペパーミント

わかさ生活ソフィアローズ(女性に人気のサプリメント)

ソフィアローズソフィアローズは「わかさ生活」が販売するエチケットサプリです。中に薔薇エキスが入っていて、軽く噛んで飲むと口に薔薇の香りが広がります。私も飲んだんですが、やや女性向けの香りかな?と思いました。今では奥さんに飲んでもらってます。

 ⇒ ソフィアローズ 届いたときの写真
商品名値段どんな匂い?
ソフィアローズ1,940円薔薇の香り

このページの先頭へ

FX